1. ホーム
  2. 最新情報
  3. 令和2年度 岐阜大学附属小中学校 入学式が執り行われました

最新情報

令和2年度 岐阜大学附属小中学校 入学式が執り行われました

2020年6月 2日 学校便り

 令和2年6月1日、附属小中学校として初めての入学式が執り行われました。密を避けるために座席間隔を空けるなどの工夫をしての式となりました。穏やかなお天気のもと、午前に7年生、午後に1年生の式が晴れやかに行われ、児童生徒は、やや緊張した面持ちでしたが、しっかりと式に臨んでいました。

 7年生の式では、国歌と愛唱歌「われら愛す」を静聴したのち、古賀校長が話をしました。その中では、学校の教育目標である「独歩・信愛・協働」を取り上げ、これからの時代には、夢を持ち、その志を基に自ら考えてチャレンジすることが大切であること、互いがそれぞれの気持ちを思い、何ができるかを考えていくことが、大切であると話しました。続いて、岐阜大学教育学部別府学部長からは、予測のつかないこれからの社会で何が必要かを考えながら学んでほしい、との話をいただきました。在校生代表として、前生徒会長が自宅からリモートで、学校に来る意味を問いかけ、これから共に学び、考えていこうと新入生にエールを送りました。

_MG_9303.jpg _MG_9404.jpg _MG_9401.jpg
_MG_9432.jpg _MG_9441.jpg _MG_9462.jpg

 1年生の式では、古賀校長が、1年生から9年生の間でこんなに大きくなり、そんなお兄さんやお姉さんと一緒に生活できるということを人形を使って説明しました。その中では、手をとりあうと温かい気持ちになることを話しました。その後、先輩達が歌う「三つの願い」と「いのちの歌」のDVDを流すと、1年生は食い入るように見つめながら、静かに聴いていました。また、在校生代表として前生徒会副会長がオンラインで、優しく問いかけたり話しかけたりすると、1年生は「はーい」と元気よく手を挙げたり手を振ったり、嬉しそうに応えたりして、入学の喜びを表現していました。

 明日から元気に楽しい学校生活を送りましょう。

DSCN6299.JPG DSCN6305.JPG DSCN6405.JPG
DSCN6375.JPG _MG_9566.jpg DSCN6434.JPG